平均的な収入と個人の収入

タクシーの模型

タクシードライバーの年収や給料を知るには、全国ハイヤー・タクシー連合会の調査データを参照するとよいでしょう。ここ数年の平均的な年収は約350万円程で、もしかすると想像より低めに感じる人もいるかもしれません。ただこれはあくまでも日本全国の平均ですので、地域別に見るとかなり開きがあることがわかります。例えばNo.1 観光エリアとも言える京都や東京などは、ほかの都道府県より頭抜けていることがわかります。転職する際にはどの地域を狙うかでも稼ぎは変わってくるでしょう。多くの場合、ドライバーはタクシー会社と契約し、歩合制で60%程度が売上になります。個人で売上を上げれば上げるほど収入は多くなるので、タクシードライバーは戦略ビジネスとも言えるでしょう。一人ひとりの売上を見ていけば、年収600万円~1,000万円程の稼ぎを叩き出しているタクシードライバーも事実、存在します。努力次第という面もあるため、平均化してしまうと実態を把握するのはなかなか難しい業界と言えるでしょう。

基本は歩合制

ドライバー

タクシードライバーは募集要項を満たして応募し、書類選考や面接をクリアして採用されます。個人タクシーという選択肢もありますが、年金や社会保険料、経費が全額自己負担なのでなかなか厳しい面があるでしょう。契約すると1日の勤務時間は24時間の場合が多いですが、実働日数は月13日前後で、戦略によっては短時間で効率的に稼ぐことも可能です。1勤務当たりの乗車時間は法律で19~21時間まで、内休憩3時間と決まっているので無理なく働くことができます。不規則でもうまく生活をコントロールできれば何ら問題はないでしょう。もちろん向き不向きがありますが、転職して大満足だと回答するドライバーも40%以上いますし、基本的に満足している人も合わせると80%にも上りますのでそれが事実でしょう。年収を考えるなら、やはり契約するタクシー会社選びは大切になります。給料はほとんどが歩合制だと書きましたが、歩合率は低いところで50%から高めのところでは65%まで会社ごとにさまざまです。サポート内容にもよりますが、当然条件がよいほうが手取りが増えます。また、法人契約数が多いほうが期待できますし、月間の迎車数が多いということは固定客がついていることを意味しますので魅力的な会社です。単純に言えば、ファンが多い会社を選ぶのが一番で、優良な会社なら給与がいいだけでなく気持ちよく働けるのが大きなメリットです。自分の頑張り次第で稼ぎが変わる業種ですから、是非モチベーションを高く保てる会社を選びましょう。

広告募集中